USJを大逆転させた必勝アイデア量産法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(※noteにも転載されました~。noteはこちらから)

突然ですが、皆さんはUSJに行ったことはありますか?

僕は関西に来て3年間で5回くらい行っています。正直、ディズ○ーはあまり行きたいとは思いませんが、USJは何度も行きたい、東京や外国から友人が来たときは是非連れていきたいと思う施設です。

そんなUSJの魅力が実は「緻密な分析に基づいて作られている」ということを皆さんはご存知でしょうか。USJはターゲット層をしっかり定めたアトラクションをつくることで小さな子供から学生、中年男性まで実に多くな客層を惹きつける施設となっているのです。

たとえば、小さな子供向けに3~6歳の各年齢のお客様にあわせたアトラクションを建設したり、少年時代に少年ジャンプに夢中になった30~40代男性向けにドラゴンボールやジョジョのショーを開催しています。ここ最近毎年新たなアトラクションを数多く導入して人気を集めているUSJの中でも特に一番有名なのはハリポタエリアの建設でしょう。

2014年に建設されたハリポタエリアには実は知られざる大きなドラマがあったのです。それについて書かれているのが今回紹介する「USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?」という本です。

USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか? (角川文庫)

この本は、ハリポタエリアができるまでの舞台裏で、その中でもとりわけハリポタエリアを作るためにどうやって「低予算で大きな集客を3年間達成し続けるか」ということをう~んう~んと考え続けたのかということについて、USJの元マーケティング責任者である森岡毅さんによって、まるで自分が当事者になっているかのようなリアルさで書かれています。ハリポタの構想が持ち上がった2010年末ごろ、年間売上が900億円だったUSJがその半分にあたる450億円を投資するハリポタエリアの建設はかなりの確率で会社を倒産させかねないクレイジーなアイデアだったのです。それでも、それがUSJを長期的に繁栄させるために最善の策だと考えた森岡氏はなんとかハリポタをつくるためにオープン予定の2014年までの約3年間に低予算でヒットを飛ばすアイデアを生み続けるんだと覚悟を決めたのです。

そして、必死に考えて次々とヒットを生み続けるなかで、だんだんとカタチになってきた彼のアイデアの生み出し方、フレームワークを惜しみなく紹介しているのがこの本です。

私は、この本の前に同じく森岡氏の著書である「USJを劇的に変えた、たった1つの考え方」という本を読んでなんてわかりやすく具体的な内容を熱く書ける方なんだ!と感銘を受けました。その後、『たった1つの考え方』よりも前に出されていた『なぜ後ろ向きに走ったのか?』を手に取ったわけですが、『なぜ後ろ向きに走ったのか?』はドラマチックな書き方ながら実践でより使いやすいエッセンスが多く紹介されています。リアプライやリノベーション、アイデアの必要条件など書き始めると長くなるので詳細は動画を見ていただきたいですが、言われてみれば膝を叩いて納得できるロジカルな内容ながらも普段意識できてないことが紹介されている本なので定期的に読み返して自分の普段の仕事ぶりを振り返りたいなと思います。

前置きが長くなりましたが、動画で紹介してますので、是非見てみてください。

 

ちなみに、森岡さんの処女作「なぜ後ろ向きに走ったのか?」には実は裏設定があります。。

なんと、この本もまたハリポタを成功させるための大いなるマーケティング戦術の一つだったのです。

「東京に本拠地を置く大手マスコミ関係者」をターゲットに成長企業として注目を集めるUSJの成功手法を惜しみなく紹介することで(大阪を一地方に過ぎないと見下している?)時間がなくて大阪のテーマパークに取材に行きづらい東京のメディア関係者から関心を集め記事を書かせることで日本全国に住む人々のなかで「USJにあるハリポタエリア」について90%以上の認知を獲得するというムリゲーともいえる難題を克服しようという狙いがありました。そんな下心から書き始めた本書でしたが書き始めるうちに日本の将来のために、そして日本の若者のためにできるだけ良いモノを遺したいという思いがどんどん強くなっていったそうです。その思いはあふれにあふれ後の2作の出版にもつながり、さらに2017年秋の起業再生会社「刀」の創立にもつながっているのだと思います。

こうした思いにはやはり応えていきたいと思うので自分も頑張っていきたいと思います!

 

最後に、他の森岡毅さんの2部作についても紹介記事、動画があるので紹介させてください。

①『USJを劇的に変えた、たった1つの考え方』

紹介記事はこちら

紹介動画はこちら

本の購入はこちら⇒USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

②『確率思考の戦略論』

紹介記事はこちら

紹介動画は想いが強すぎて長くなってしまったので、前後編に分けてます。(笑)

前編はこちら

後編はこちら

本の購入はこちら⇒確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ともきがネットビジネスの知識を得て本業でも圧倒的な成果を上げた方法

僕は東大を卒業して数年間、大企業で地域プロデュース的な仕事をしています。

ふるさと 東京から離れて見知らぬ土地で一人暮らしする日々ですが、

今は毎日仕事がめちゃくちゃ楽しいです。

自分のしたいように仕事が進むし、

大きな仕事をどんどん任されてもらえるからです。

たとえば、

新しい企画をどんどん試していって

お客様が殺到してメディアに取り上げられるなんてことも良くあります。

条件的になかなか協力してもらえない超優良企業にも、

想いとロジックを込めたオファーを受けてもらったのは最高に気持ちよかったです。

こういった実績を話すと、

それはお前が東大卒だからだろと言われます。

ですが、

僕はもともと人付き合いがとても苦手で

ビジネスのことも全然わかりませんでした。

1年目、2年目には数えきれないほどの失敗ばかりして、自信もどんどんなくして、

あー早く辞めたい辞めたいと毎日ベッドから起きるのがしんどかった。

 

そんな僕でもビジネスについて勉強を続けて、少しずつできることが増え、

少しずつ自信がついて、実績も増えてきました。

そのおかげでプライベートも充実してます。

難しいことは何もないです。

 

誰でもできる。

 

正しく学べば誰でも稼ぐことができる。

特にオフラインでビジネスをしてる人が、ネットビジネスを知ることで

一気に異次元レベルまで飛躍できる。ライバルをごぼう抜きできる。

 

ともきが社会人になって、何一つうまくいかなかった時期に、ネットビジネスと出会い勇気をもって一歩踏み出す物語を下記の記事で公開してます。

 

ともきの自己紹介

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下記フォームからともきの無料ビジネスメールマガジンに登録すれば、東大卒20代社会人 ともきの逆転物語、若くても大企業の中で上司や大手取引先にも提案を通すやり方、自分が働かなくても副業で毎月30万円以上稼ぐ仕組み、ネットビジネスのリアルビジネスへの活かし方などが学べます。

【フォームをクリックして、東大卒20代社会人 ともきの無料ビジネスメールマガジンに登録する】


ボタンをクリックして物語を読む

SNSでもご購読できます。

アクセス

住所
123 Main Street
New York, NY 10001

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土日: 11:00 AM – 3:00 PM

コメント

コメントを残す

*