「ユーチューバーチップス」、じつは緻密なマーケティング戦略

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日はいつもと少し趣向を変えてネットで何気なくみつけて気になったニュースから商品開発について考えてみたいと思います。

ユーチューバーチップス発売決定!

出典:muuu.com

YouTuberのカードが一枚入ったポテトチップス。昔よくあったプロ野球選手のポテトチップスと同じやり方。このニュースのどこが引っ掛かったかを説明する前にYouTuberについて簡単に説明するよ。

出典:calbee.co.jp

YouTuberは、動画視聴回数に応じた広告収入を主な収入源としていて、一部の超人気YouTuberはスポンサー収入なども得ているみたい。

そして、主客層を考えると彼らの年代別顧客数をはっきりと示したデータはないが、小中学校が主な顧客だと思います。YouTuberは現在、中学生の間で最もなりたい職業の一つに選ばれました。30年前には圧倒的人気だったプロ野球選手を抑えて第3位に選ばれたというニュースは昨年大きな反響を呼びました。

「なりたい職業はユーチューバー」中高生の意識が物語る暗い未来

今ではプロ野球選手よりYouTuberの方が子供たちのスーパースターになったということ。

そしてメインターゲットの小学生が大好きなポテチと組み合わせた商品。プロ野球カードが30年以上も続くロングセラー商品であることを考えれば、この商品もヒットする可能性は十分あると思う。でも僕は、プロ野球カード以上にユーチューバーカードにはユニークなうまい戦略が隠されていると感じた。

それは、知名度の低いYouTuberの認知度を上げること。

出典:muuu.com

どういうことか?カードはノーマルカード45種とレアカード18種あるが、Youtuberは全部で45人。その顔触れを見ると僕がYouTuberに詳しくないこともあるけど、2~3人しか分からなかった。きっと、詳しい人でも10人も知らないだろう。彼らが目当てのYoutuberを当てられなかったときにどうするだろうか?おそらく、カード裏面に書かれたそのYouTuberのプロフィールを見て、QRコードから動画を見ると思う。そうして、たまたま見つけたYouTuberのことが少し好きになっていくつも動画を見てしまう。これが、今回の製品の生みの親、YouTuberを多数抱えるUUUM株式会社の真の狙いだろう。

UUUMの戦略は見かけ上自社のタレントという、ブランドを知財ビジネスとしてお菓子につけて販売する。しかしその裏には無名YouTuberの認知度アップという裏の戦略があるということ。一粒で2度おいしい、とってもうまいやり方だと思った。認知度を上げることはビジネスを直線的に成長させるドライバーになるという話は私が尊敬してやまない森岡毅さんも著書でたびたび紹介していた。

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方

確率思考の戦略論

そのうえ、Youtuberというビジネスモデルを考えたときに認知度のアップというのはビジネスの肝と言える部分だ。なぜなら視聴回数がそのまま広告収入となって収益に直結するから。しかも、あるYouTuberの動画を初めて見たとき、その人のことが気に入れば3つ4つとその人の動画をどんどん見ていく。そもそも知らないYouTuberの動画を検索することなんて絶対にありえない。そう考えると他のYoutuberを目当てで買ったとしてもカードから出てきた知らない人の動画をいくつも見てもらうことで、直線的どころか指数関数的に収益が上がっていく。

とんでもない商品を考えたもんだ。。。

 

ただ一つ懸念されるのがユーチューバーに対する親の印象だ。

どういう事か?

小学生以下の子どもたちにとってお金の出し手は自分か、あるいは親になるだろう。自分で出せる子供はいいが、そうでなければあれ欲しいって言った子供に対して親が「ユーチューバーのおやつか。。むぅ子供が憧れるといやだからな」となってしまうと買ってもらえない。UUUMのTOPYouTuberであるひかきんも自分で言っていたが、YouTuberの課題は『親が自分の子供に目指してほしいと言われる職業ではないということ。子供が夢としてプロ野球選手になるということはみんな微笑ましく聞くが、「僕はYouTuberになりたい」と子供が言ったときに多くの親は必死に反対します。』こうした今のYouTuberの立ち位置を考えるとこの商品がヒットするかどうかはYouTuberの今後を占うことになるかもしれない。

それと、最近読んだブログで「YouTuberの主な顧客は小中学生であり、彼らはほとんどお金を持っていないから、彼らを顧客とし続けるビジネスは将来性が低いんじゃないか」という指摘があった。もちろんどんな動画をどんなターゲット向けに作るかという話はあるけれど、この指摘もある意味的を得ているような気もした。その意味でもお金をあまり持っていない子供向けのちょうど良い商品としてもこのユーチューバーチップスは良い実験台だと思う。

この動向は注視していきたいな。(2018年2月27日からローソン、HMVで先行販売されて、3月7日から一般発売されるそうです。)

発売はこちら(完売してる時はお近くのローソン、HMVをご利用ください(笑))

ちなみに、今回のユーチューバーチップスについてのユーチューブを僕も挙げてるので良ければ見てください。(笑)

あっそれとメルマガ登録もお願いします!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ともきがネットビジネスの知識を得て本業でも圧倒的な成果を上げた方法

僕は東大を卒業して数年間、大企業で地域プロデュース的な仕事をしています。

ふるさと 東京から離れて見知らぬ土地で一人暮らしする日々ですが、

今は毎日仕事がめちゃくちゃ楽しいです。

自分のしたいように仕事が進むし、

大きな仕事をどんどん任されてもらえるからです。

たとえば、

新しい企画をどんどん試していって

お客様が殺到してメディアに取り上げられるなんてことも良くあります。

条件的になかなか協力してもらえない超優良企業にも、

想いとロジックを込めたオファーを受けてもらったのは最高に気持ちよかったです。

こういった実績を話すと、

それはお前が東大卒だからだろと言われます。

ですが、

僕はもともと人付き合いがとても苦手で

ビジネスのことも全然わかりませんでした。

1年目、2年目には数えきれないほどの失敗ばかりして、自信もどんどんなくして、

あー早く辞めたい辞めたいと毎日ベッドから起きるのがしんどかった。

 

そんな僕でもビジネスについて勉強を続けて、少しずつできることが増え、

少しずつ自信がついて、実績も増えてきました。

そのおかげでプライベートも充実してます。

難しいことは何もないです。

 

誰でもできる。

 

正しく学べば誰でも稼ぐことができる。

特にオフラインでビジネスをしてる人が、ネットビジネスを知ることで

一気に異次元レベルまで飛躍できる。ライバルをごぼう抜きできる。

 

ともきが社会人になって、何一つうまくいかなかった時期に、ネットビジネスと出会い勇気をもって一歩踏み出す物語を下記の記事で公開してます。

 

ともきの自己紹介

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下記フォームからともきの無料ビジネスメールマガジンに登録すれば、東大卒20代社会人 ともきの逆転物語、若くても大企業の中で上司や大手取引先にも提案を通すやり方、自分が働かなくても副業で毎月30万円以上稼ぐ仕組み、ネットビジネスのリアルビジネスへの活かし方などが学べます。

【フォームをクリックして、東大卒20代社会人 ともきの無料ビジネスメールマガジンに登録する】


ボタンをクリックして物語を読む

SNSでもご購読できます。

アクセス

住所
123 Main Street
New York, NY 10001

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土日: 11:00 AM – 3:00 PM

コメントを残す

*